データガイド - Word、Excel編

ここでは各アプリケーションで作成したデータの注意点を記載しております。データ作成、入稿時必ずチェックください。
その他不明な点があれば、お問い合わせくださいませ。

Word、Excel編

Word、Excelデータのチェックポイント

Misrosoft Officeデータは準対応アプリケーションです。
他のアプリケーションと違い、文字のアウトライン化、塗り足し、トンボの設定ができないため、文字化けの可能性、色味の違い、レイアウト(背景などに設定するパターンなど)の違いが出てしまいます。 予めご了承頂いた場合にのみMicrosoft Officeデータでお受け致します。

1.Microsoft Officeソフトのフォントについて

Micfosoft Office(Word・Excel・Powerpoint・Publisher)では、フリーフォントや廉価版(バンドル版)のフォントをご使用いただくと、予期せぬトラブルの原因となります。
システムフォントでデータを作成いただくことを推奨します。
また、8ptより小さい文字サイズを使用される場合、文字の一部が欠ける場合がございます。
ご留意下さいませ。
特に明朝フォントで欠けやすい傾向がございます。明朝フォント・ゴシックフォントともに8pt以上をご使用いただくことを推奨します。

2.画像の効果(ぼかし、透かしなど)、パターンについて

画像及び図形等に影・ぼかし・透かしの効果をつけることが可能ですが、これらの効果は印刷には不適切な効果となっており、上記の設定を行うと意図しない仕上がりになる場合がございますので、
「影・ぼかし・透かし」の効果の設定は行わないようにお願いいたします。
また、パターンの効果を使用される場合、実際の印刷物ではパターンが画面上より細かくなる場合がございます。 ご使用の際は予めご了承いただきますようお願いいたします。

この他、Microsoft Officeソフトで作成されたデータでは、印刷の際に不適合になる場合がございます。 なので、予めご入稿の際に画面のスクリーンショットを一緒にご入稿頂くか、プリントアウトされた出力紙を必ず一緒にご入稿願います。 それをもとに当社で確認し、不適合かどうか判断させていただきます。
©   高松印刷有限会社